スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モリー先生との火曜日

音楽朗読劇

役者3人、演奏2人

ほぼ照明のみで空間が演出されている。

それはそれはシンプルな舞台を観てきました。

原作はノンフィクションの小説。

テレビ映画化、オフブロードウェーなどで舞台化され

日本版は「チンチン電車と女学生」の脚本を書かれた、高橋知伽江先生が脚本・訳詞。


ALSとういう難病に侵されたモリー先生(光枝明彦)と教え子ミッチ(吉原光夫)、そしてミッチの妻ジャニーン(土居裕子)

音楽は小原孝さんが監督・ピアノ演奏

そして真部裕さんのバイオリン演奏


死を目前にしたモリー先生とミッチ、たった二人だけの人生の授業。

テーマは“人生の意味について”

モリー先生の言葉の中で私は

  人はやがて訪れる死を恐れる
  死ぬことは、自然に戻っていくだけなのに
  人は自然の一部だということをみんな忘れている

印象的で、心に響きました。

それと、ジャニーンが最後にモリー先生の言葉を思いだして、話してくれる“波”のお話。


光枝さんの温かみのある声と芝居、まだまだ現役の歌声に感動。

モリー先生がそこにいました。

吉原さんの威勢のよさと、土居さんとのハーモニーを大切にしたやわらかい歌い方が素敵だなと。

美しい音楽と土居裕子さんの歌声がこのストーリーを

さらに癒しのある素敵なものにしてくれていて

歌われるたびに、鳥肌がたつわ涙が出るわ…

いつのまにかストーリーに引き込まれていて、会場もズルズルグズグズの声が…

涙が止まりませんでしたが

見終わって、とっても爽やかな気持ちになりました。
モリー先生との火曜日


知伽江先生ともお会いすることができて

私が目に入ると

「あ、花江ちゃん!」

と言って下さった✿花江の産みの親は知伽江先生ですから♪

母と見にいきましたが、もう一人の母に会えた幸せな一日でした。



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

吉岡 澄(よしおか きよみ)

Author:吉岡 澄(よしおか きよみ)
本名:森島澄(もりしまきよみ)

6月10日生


2012年2月デュオ『しばいぬ』結成。
メンバー:吉岡澄・西村牧子
しばいぬブログ
  http://ameblo.jp/shibainu-2012
2012年6月23日のライブで初オリジナルソング「幸せの種」を発表

作詞:吉岡澄 西村牧子 
作曲:高木雅弘 吉岡澄

子供も大人も口ずさめるような曲を…。ご視聴くだされば幸いです

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
お問い合わせ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。