スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瀬戸の花嫁

小豆島生まれの、私の母。

小さい頃は、毎年夏をここで過ごした。

おじいちゃん、おばあちゃんに会いに

美味しい野菜や魚を食べに

体がコゲコゲに焼けるまで、海で泳ぐ為に…。

潮風の匂いや満天の星は今すぐにでも思いだせる。

都会育ちのようで、半分小豆島っ子の私。

おばあちゃんが亡くなり

おじいちゃんは今大阪で母が面倒をみている。

最後に行ったのはいつだっただろう…

大阪と小豆島を行き来している両親がいてる間をねらって

先週、ほんとに久しぶりに島へ渡った。



小豆島ってどこ?ってよく聞かれる。

香川県。オリーブ。そうめん。讃岐うどん。マルキン醤油。角屋のごま油。寒霞渓。「二十四の瞳」

有名なキーワードはこんなとこ。

橋は架かってなくて、絶対にフェリーに乗らないといけません~。

今回は岡山県の日生港というところからフェリーに乗りました。
日生港
小さいフェリー
約1時間の船旅。

甲板に出て久しぶりの潮風に吹かれる
あ~~~~気持ちいいヽ(^◇^*)/
潮風

瀬戸内海は太陽を浴びてキラキラ★
キラキラ瀬戸内海

エンジェルロード
干潮になると小さい島へ細い道が浮き上がってきて渡ることができます。
あ、これは渡ったところから撮影したもの。。。
エンジェルロード

出発地点にある展望台
約束の丘

上にはこんな鐘があります♪
幸せの鐘

こんな感じの眺め…天気良すぎて あぢ~~~~(@Д@;
展望

小さい島にある木には、恋人たちの願いと牡蠣の貝殻がたくさん!
恋人たちの願い


スーパーにはその日に水揚げされた魚介類がいっぱい!
この日は小エビ…片栗粉まぶして揚げただけ。超超超うまーーーーいO(≧▽≦)O
鮮度抜群


朝一番に行った産直のお店。
安い!新鮮!活気あり!
産直

レジにはかぼちゃの島人が…
そうそう、どでカボチャでも有名なんですよね~
かぼちゃの島人

エコでブームのゴーヤカーテン
田舎も暑いのは同じでした(*´ρ`*)
ゴーヤカーテン

こちらはオリーブの丘公園
オリーブでできた特産品がたくさん売られています。
雨の少ない地中海性気候が瀬戸内にあるなんてね。
オリーブの丘公園


ここはおじいちゃん家からすぐの海岸。
水着にバスタオルをひっかけて
わ~~~~~って走って、そのままザッバーーー!!!
準備体操なんてしませ~~んヾ(  ̄▽)ゞ
    かつてのわんぱくきよミンです。。。
思い出の浜

自然に貝殻拾いたくなります。
思い出の貝集め

朝日も夕陽も最高です。
島の夕日

観光スポットは盛り沢山♪
小さい島なんで、くるっとまわれますし★
マリンスポーツも楽しめるし、ってやったことないけど(;^ω^A
オススメ観光地です!!







スポンサーサイト
コメント
小豆島!
岡山時代には毎年5月のハーフマラソンに参加していました。
スタート・ゴールの会場では、ゴール後に飲み物、お弁当、さらに名物のそうめん食べ放題が有って、「めっちゃ美味しいけど、しんどくて食べたいのに食べられへん!」なんてみんなで言ってたのを思い出します。

あの溢れる「おもてなし」の数々は小豆島の人達の気持ちなんでしょうね。


久しぶりにまた行ってみたくなりました。
2010/08/24(火) 13:03 | URL | 助役です。 #-[ 編集]
>助役さん
お久しぶりのカキコミありがとうございます★
ハ、ハーフマラソン!!!
私は走るのが大嫌いでして(長距離限定)。
そんなイベントがあったことすら知りませんでした~。
友達の家が素麺作ってて、あの白い簾のような素麺をかき分けて遊びに行ってました。
うどん、素麺、海苔には困らない幼少時代でございました。
2010/08/24(火) 20:18 | URL | きよミン #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

吉岡 澄(よしおか きよみ)

Author:吉岡 澄(よしおか きよみ)
本名:森島澄(もりしまきよみ)

6月10日生


2012年2月デュオ『しばいぬ』結成。
メンバー:吉岡澄・西村牧子
しばいぬブログ
  http://ameblo.jp/shibainu-2012
2012年6月23日のライブで初オリジナルソング「幸せの種」を発表

作詞:吉岡澄 西村牧子 
作曲:高木雅弘 吉岡澄

子供も大人も口ずさめるような曲を…。ご視聴くだされば幸いです

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
お問い合わせ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。