スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

語る事の重さ

終戦日が過ぎてしまいましたが…

あれから65年なんですね。

今年も色んな形で、語り継ぐ為のイベントやテレビ放送などあり

予定通り、お盆はそういった番組を見あさって、どっぷり浸かってました。

まだ録画したものが見れてないくらいです。

今日は、猛暑くらい熱い記事になりそうですが…



戦争体験者が減っていく現実。

ある番組で、コメンテーターが

“なぜ、もっと早く教えて(語って)くれなかったのか?”

といった内容の問いに対し、体験者の方が

『自分で勉強すべきこと、自分から知ろうとすべきこと』

だと…

印象的な瞬間だった。


平凡に育ってきた私は比較的、幼いころから怖いと思いながらも興味がある方だった。

年号や名前を覚えるのが苦手で、歴史は得意ではなかったけど、好きだった。

「はだしのゲン」を読んだり、修学旅行で広島にも行った。

自分で学ぶキッカケは沢山あったと思うし、そういう記憶はしっかりある。


小学校でも歴史を勉強するはずなのに、

65年前に戦争があったことすら知らない、記憶に留まってない子が本当に多い!!!

自分より上も下もないけど、特に下の世代の子たちに興味を持たせる教育なり

キッカケを与えてあげられているのだろうか。

生死に命に関わることなのに…

学校教育中身も問題かもしれないけれど、

学校以外の、子供を取り囲む大人たちも手をさしのべるべきことではないだろうか。

誰でも最初は無知なのだから。


 ナチスドイツでユダヤ人を救ったシンドラーは有名だが
 のちにシンドラーが救い出すことになる
 強制収容所の所長アーモン・ゲートという人の残虐な行為も知られている。
 その娘が戦後、父のことを知りたい一心で被害者であるユダヤ人の元を訪ねた。
 何度も断られながらも熱心にコンタクトを取り続けた。
 亡くなった母親からは父のことをあまり聞かされておらず
   
   キッカケは映画『シンドラーのリスト』だった。
 
 彼女の自分から知ろうと行動した勇気に感動した。
 アーモン・ゲートの娘だということで、どんな目にあうかわからないですよね。
 そして、今ではすっかり親交を深めているユダヤ人の方が
 「君に罪はない、何も君のせいにはしないよ」と
 と受け入れている心が素晴らしいと思った。


20世紀に起こった二つの大戦争で、想像を絶する数の人達が亡くなり、

生き残った人も傷ついたまま生活している。

   あるインタビューで「かつての戦友を思うと、温泉旅行すら行けない」と語るおじいさん
     家から出て、遊びに行くことに罪悪感があるという

   チンチン電車の元女学生もおっしゃってた「本当は思い出したくない過去。忘れたい過去。」
 
そんな思いを抱えた人たちが、人それぞれとは言え、そんな簡単に当時を語れるはずもなく。

何十年という時間をかけて、生き残った使命感を感じられ…

だから、今、少しでも語ってくださっている方に、本当に感謝しなければ。

生きていて下さってありがとうございます。

教えてもらう、聞かせてもらうことを、どこかで当たり前に思っていた人多いのでは。

子供たちにキッカケを与えることは大人の責任。

あとは、自分から知ろうという心。


証言者たちはいう。

  “戦争に対して、警戒していなければならない。
        戦争を実感したら終わり”


特に市民は知らず知らず、巻き込まれていく。

いつのまにか誰も何も言えなくなる。


情報に溢れている社会。
まだまだ真実が出てくるとは思いますが、
耳を傾ける気持ちを無くさないようにしたいものですね。
スポンサーサイト
コメント
うーん・・・・。 

厳しいこと、お許しください。

その気持ちが偽善でなければ、ぜひ現地へ赴き奉仕ください。

映画や舞台の作品の中は、ファンタジーなのですよ。

そこを勘違いして、語られるのは、現場の身としては、納得いかないですね。

必要としているところは、たくさんありますよ。

昨年末の帰国から、こちらの日記を時々拝見しておりまして、常々思っておりました所感を、述べさせていただきました。

明後日より、また別の国へ派遣されます。

わたくしは、リコーダーを教えながら、様々な労働をします。

たくさんの人が、偽善ではない関心を、もって戴きたい。
2010/08/20(金) 19:54 | URL | なみ #-[ 編集]
>なみさん

レスが遅くなってすみません!
コメントありがとうございます。
私もまだまだ無知で言葉足らずなのに、思いをブログに公開しているので、失礼にあたる言葉も多々あることをお許しください。
色んな考え方があるということが、一番大切だと思います。なので、御意見はしっかりと心に留めさせていただきます。
国外へ赴いての活動、素晴らしいですね!!
御気をつけて。
2010/08/23(月) 11:47 | URL | きよミン #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

吉岡 澄(よしおか きよみ)

Author:吉岡 澄(よしおか きよみ)
本名:森島澄(もりしまきよみ)

6月10日生


2012年2月デュオ『しばいぬ』結成。
メンバー:吉岡澄・西村牧子
しばいぬブログ
  http://ameblo.jp/shibainu-2012
2012年6月23日のライブで初オリジナルソング「幸せの種」を発表

作詞:吉岡澄 西村牧子 
作曲:高木雅弘 吉岡澄

子供も大人も口ずさめるような曲を…。ご視聴くだされば幸いです

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
お問い合わせ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。