スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤いハートと蒼い月 in Tokyo

G.W直前に久々の東京へ!

いつもお世話になってる劇団往来さんの「赤いハートと蒼い月」の学校公演に出演してきました。

八王子オリンパスホール

八王子オリンパスホール
キャパ2000もあるとか!?
ここまで大きいホールはフェスティバルホール以来…。
しかも芝居や歌は初!!!
素晴らしい劇場でした(≧▽≦)

中国・天津で視覚障がいを持つ日本人女性:鈴木耀子が、同じ視覚障がいを持つ中国人に自宅で日本語を教えていた。
彼女にはさらに多くの人たちに日本語を教えるための日本語学校を作る夢がある。
その夢に向かって進もうとする彼女に高く厚い壁が立ちはだかる…。
耀子とその周りの人々の夢と情熱の物語。。。実話に基づくフィクションです。


私は2010年の劇団往来本公演の時から「郭小麗」という視覚障がい者の役をさせて頂いてます。
学校公演も含め幾度も演じていて、大好きな役なんですが、
郭さんの思い・台詞には毎度毎度、心締め付けられて苦しくなります。
“見えない”という、自分には計り知れない感覚。
でも“見える”私にできること。責任を持って取り組みたいと。


ゲネプロの時の写真を少し頂いたのでご紹介。舞台メイクはしてません…しても大差ないか(笑)

耀子先生と大好きな歌を歌っているシーン
蒼い月2

蒼い月

失くした点字の詩が見つかったシーン
探しました!

カーテンコール
あかあかや


なんと今回はこの物語の主人公鈴木耀子のモデル、青木陽子さん(真ん中の水色のお洋服)が観にいらしてくださいました!
初対面★
カーテンコールでは檀上でご挨拶と少しお話ししてくださり、出演者の涙腺を見事に崩壊させてくれました。
とても小柄でかわいらしいお声。この方のどこに日本語学校を作るパワーがあるのだろうと、本当にビックリ。
青木先生の教え子でいらっしゃる楊雪元さん(白シャツの方)はこの音楽劇の生演奏と歌で欠かせない存在。
そして、天津の日本語学校の現校長先生と副校長先生もいらっしゃいました。
なんだか感無量です。。。
全員ではないですが記念撮影

青木陽子さんと


耀子先生役:西川マリアちゃん お稽古場にてなんだか余裕のツーショット
初演からずっと耀子先生を演じてらっしゃいます。膨大な中国語の台詞量…尊敬します。私は中国人の役なのに一言だけ(笑)
チン電では富田先生と先生役多し!
バリバリダンスも踊れますが澄んだ歌声と迫力ある演技も魅力。
お稽古場にて

范成大役:犀川隼君 搬入口にて焼きそばツーショット
今回の初参加若手陣の一人。笑顔がね~かわいくて素敵!
昨年のチン電広島公演ではヒロイン杏子の恋人・東真太郎役で素晴らしい歌を披露。何度も泣かされました。
范さんもまた音楽好きという役。なぜかソロ無い…。明るいムードメーカー役を見事に演じて盛り上げてくれてました!
焼きそばショット

松井重雄役:奥田龍平君 
この方も初参加若手陣の一人。
昨年のチン電広島公演では真太郎の親友:八木役で号泣させてくれました。
関西でいうところのシュッとした人。松井役は二枚目ではなく耀子に振り回されてる?一生懸命な人をさわやかに演じてくれました!
松井さん

李月玲役:北小路まなちゃん 
この方も初参加若手陣の一人。
チン電では柳子役。お兄ちゃん大好き少女でした。
綺麗に撮れるアプリを使ってパシャ!そんなの使わなくてもかわいい顔はお手のもの☆オババの私は便乗するだけ~^m^
中国語の歌もとっても頑張ってたし、素直な月玲でした~♪
本番中

山下めぐみ役:斉藤千夏ちゃん 
この方も初参加若手陣の一人。一緒にいてて安心感ある人。
チン電では街の人でおばあさん役でした。インパクトあったわ~!
今回は演出家にナチュラルさをべた褒めされていました!確かに。すっと入ってきてくれる感じが心地よかった☆
綺麗フォト

趙春麗役:南雲飛鳥ちゃん 
チン電では幹子役で空気を明るく変えてくれる役どころ。彼女もナチュラルでいい感じ。
春麗は10歳という役柄ですが、ほんとにかわいいです☆大人にならないでね!なんて。
学び仲間

メアリー田中役:渋谷晴香ちゃん
チン電では麻実役で私花江とバチバチなんですが、こちらでは引っ込み思案の郭さんをめちゃめちゃ励ましてくれる役所。
アメリカ人のハーフではっちゃける役。ナイスバディの素敵なメアリーでした!!
メアリーちゃん

おまけの女子ショット
女子フォト

全員ご紹介できてませんが、よくよく考えると全員チン電出てる!!!
とプチびっくり。
幸せなことでございます。。。


観にきてくれた中学生・高校生の皆さんが集中してくれていたのがわかり、生徒会長さんの感想の言葉もとても素晴らしく私たちが感動をもらいました。

いい作品に関わらせていただき、いい仲間に出会い、感謝が尽きません。

共演した皆さん、スタッフの皆さん、本当にありがとうございました!

スポンサーサイト

学び舎

昨日は学校公演に出演でした。

「赤いハートと蒼い月」郭さんです☆

前日の一回通し稽古のみというスケジュールですが

その分、全員が集中力を持ってできたんじゃないかと思います。



キャパ1000くらいの大ホール。

こんな大きなところでソロナンバー歌うの初めてで

マイクチェックで歌った時の

響きようったら凄かったです。

伝える歌にする為には、この響きを気持ちいいと思わない方がいいと思います。

綺麗に歌うことが先行してしまいますからね。

そのさじ加減が難しいんですけど…。



お客様は高校生。

最初はノリノリな子が多いのか

ザワザワしていた感じでしたが

いつの間にか、食い入るように見てくれました。

嬉しかったです♪

個々にどう感じてくれたかは解りませんが

彼らにとって学校の外で学ぶ大切な場。

伝えたいことを確実に伝える責任を感じて

また、次の機会に繋げていきたいと思います。





終わった後の達成感はほんとに気持ちいい。

私には全力投球が似合ってる。

仕事のことやプライベートの悩み事から

いつまでも抜けだせない自分の励ましになったことに感謝です。

まだまだ悩むのは解っています。

でも今日は今日で一歩歩けた。


誰かの為に、自分の為に全力で取り組めることを

追い求めていきたいって思いました。

無事に開催

先週、無事に学校公演が開催されました。

滋賀県の高校生対象。

こんなときだからこそ

「赤いハートを持って蒼い月をみつけていきましょう」



アレルギー検査で

本格デビューしてしまった、スギ花粉症…

早めに空気清浄機買ってよかった。。。

ところが、私は気管にくるみたいで

空咳が出る…困ったよほんとに…

お陰で本番前に声帯ガスガスで今にも声飛びそう。。。

って状態でした。

前日に病院行って

大量の薬投入。恐ろしいほどのドーピングで乗り切りました。




しかしながら一番のビックリ仰天は

宿泊した部屋の裏に

スギの木ワッサ~~~~~って生えてた。。。



ほんま、チーーーーーーン。。。ですわ



慣れない環境と花粉症で疲れ果てました。

でも、高校生たちに

今できるメッセージを伝えられたのではないかと思います。


メアリー役西岡ちゃんと
どこ見てる…?私
学校公演1

フォトグラファーの山下役、かじゅちゃんと3人で
学校公演2


自分自身の気分転換にもなり、楽しかったです。

言葉・言霊

本番が終わって10日ほど経ちますが

まだまだ感想を書いてくださる方

メールしてくださる方がいらっしゃって

本当に嬉しいです。ありがとうございます。

これは『チンチン電車と女学生』と同じ現象です。

内容が違えど、それだけ感動していただけたということで

出て良かったな~とほんとに思います。


私はこうやってブログに思いを綴ります。

お客様はアンケート以外に、直接思いを書いてくださる。

色んな方がブログを探してあててくれて

カキコミしてくださることって、ほんとに幸せなことです。

みなさんの言葉・言霊が伝わって

また私も頑張ろうって気持になります♪


さて、少ないですが公演の写真をいただきましたのでアップしたいと思います。

郭さんが「月が見える」というシーンですね
このチャイナの衣装、ダブルの若木さんも私も大好きなんです☆
赤いハートと蒼い月2


こちらはラストシーン
舞台の上が一気にあったかい空気に包まれます。
赤いハートと蒼い月1


写真を見て改めて思います。

私は身長も低いし、手足も短い、美人じゃない。

かつて、舞台に立つ上でコンプレックスで悩んだ時期もありました。

でも、五体満足に生まれてきて、誰かに感動してもらえる作品に出合って

芝居や歌やダンスを通じて、伝えることが出来てる。

大きな劇団に所属してなくても、テレビに出なくても

私にもやれることがある。幸せなんです。

それだけでいいんですよね。





最後にこちらは先日ステージ21のスタジオに出向いた時に撮っていただきました。
真ん中の徳原くんはチン電にも出演した後輩で
今、音楽座というミュージカル劇団で活躍中
偶然来ていたので久しぶりにおしゃべりしました♪
後ろの左端は幡野ちゃん。赤いハート学校公演では“月玲”を演じてます。
取り囲むのは今21にいる在校生。
みんなも見に来てくれました☆
今回の役作りのこととか質問されて、知らない間に熱く語ってしまい、
ミニ講義になっちゃいました。
21後輩陣


夢叶う

楽しかった本番の余韻に浸る日々です。

すぐに仕事もあって、のんびりはできませんでしたが…



短期間で役を自分に入れ込むことが出来たのは

大収穫でしたが

今回はなんといっても“歌”です。

この作品で初めてオリジナル曲のソロナンバーをガッツリ二曲

歌わせていただいたんですが
今までもちょっとはありましたよ♪

自分でもこんな日がくるとは思っていませんでした。

ミュージカルがやりたくてこの世界に足を踏み入れて

かれこれ10年以上になります。

芝居の舞台の方が多いので歌はほったらかし…

ミュージカルは歌が重要なのに…

3年前、“歌”に本腰を入れて、遅いスタートを切りましたが

一つ一つ結果が出て、ここに至ったと思います。

もちろん失敗も沢山。。。

今回だって、果たして皆さんの心に響く歌になっていたのか

役として歌えていたのか…まだまだ未熟な部分はありますが

でも、一つの“夢”が叶いました☆

あきらめなくて良かったです♪


赤いハートがあれば、蒼い月が見えて勇気が出る

自分の蒼い月を見続けていけるように、日々を過ごすこと

これからの“夢”です。

我成長

タイトルは中国語じゃないですよっ

無事に終了しました。

行楽シーズン真っただ中、御忙しい中、

日曜日は足元の悪い中、御来場くださってありがとうございました!!

共演者の皆様、スタッフの皆様お世話になりました。

この短期間で役をがっちり体に叩き込めたのも

皆様のおかげです。

そしてそしてこの方の存在は欠かせません。

姫様こと若木志帆さん
姫さまと
ほんとに優しい方です。
千秋楽はカーテンコールが終わるのを
舞台袖で素敵な笑顔で待っててくれました。
大泣きしたのは言うまでもありません。
ダブルキャストって色んな意味で難しいものがあるんですが
こんなに楽しいダブルはなかったです☆
姫様ありがとうございました!!


今回、特に視覚障害者の方をご招待してという企画は

ちょっと今までにない経験で、

私にとって大きな収穫でした。

ヘルパーさんや盲導犬と一緒に来られていて

副音声で聞いてもらいつつ

耳で、体全体で観てくださってる姿に

こっちが感激しました。

反応もすごく敏感でした!


こりゃ~大変だ!!

自然と台詞や歌の“言葉”に魂が入っていくのを

自分で感じていました。

特に私が演じた「郭小麗・郭さん」は

地味な役で台詞もそんなにないんですが

ストーリーの中ではかなり重要なことを言う人なんで

しっかり確実にと思い、演じていました。

そして涙されているお客様に貰い泣きしそうでした。。。


さらに、今回は大切な出会いもありました。

生演奏で中国笛を演奏されていた・楊雪元さん

全盲でいらっしゃるこの方

この作品もモデルとなった青木陽子さんの教え子です。

幼少のころから音楽に携わり

本編ではソロも歌われました。

と~~~~~っても明るい方です☆

たまたま電車で会って、お話する機会があったんですが

声がどんどん大きくなってひやひやしましたが

楽しくなって、そんなことどうでもよくなってしまいました。

カーテンコールのご挨拶で

「今、日本で生活していて、本当に幸せです。
温かく見守ってくださる皆様のおかげです。」

と言ってらして、涙しました。

人と人の繋がりの大切さを学びました。




私はこの作品が好きです。


itadakimono
素敵な差し入れもありがとうございました!!

出演情報★

劇団往来

音楽劇
  『赤いハートと蒼い月』

       作:冨川 元文 作曲:瀬藤 幹 

2010年 10月30日(土)
             13時~
             17時~♪
          31日(日) 視覚障がい者ご招待公演+一般公演
             11時~
             15時~♪
*ダブルキャストの為、♪印のみに出演します*

   場所:ロート会館(ロート製薬株式会社内)
        地下鉄千日前線・北巽から徒歩10分
          →地図
   料金:前売り\3500
       当日 \4000



後援:大阪府・大阪市・生野区区役所・毎日新聞大阪本社・毎日放送
協賛:ロート製薬株式会社

チケットは下記のアドレスに御連絡くださいませ。
 前売り券をご用意いたします。
    →kiyomin5@mx5.canvas.ne.jp



 あらすじ
視覚障害者である鈴木耀子は中国・天津の胡同で中国の視覚障害者と一緒に日本語学校を作る夢を抱いている。しかし、いざとなると資金も掛かり、それは生易しいものではない。そんな時、中国で行われている合唱コンクールに優勝すれば、資金を出してくれると言う話が舞い込む。耀子は、日本語を学んでいる視覚障害者と共にコンクールを目指して歌の練習を始める。だが、いざとなるとこれも簡単ではない。一番大事なことはどうやってコンクールに優勝できるかと言う事だ。優勝しなければ資金は手に入らない。かつて旧日本軍によって痛めつけられたある老人は孫が、そのコーラスに参加する事を快く思わない。耀子に心を寄せている日本人や手伝いの若者達は耀子の無謀な行動に不安を抱く。そんな時、仲間が去って行く。だが耀子は諦めない・・・。彼女に見える蒼い月、今、失われようとしている真実の愛を美しく歌い上げる音楽劇。


実在人物・青木陽子さんをモデルにした作品。
ほぼ実話だそうです。
私の役どころは、耀子のもとで日本語を学ぶ、視覚障害を持った中国の女性・郭小麗(かくしょうれい)。
どの曲も綺麗で耳触りのよい音楽。ソロも何曲か歌います。
往来さんはこの作品を本公演と各地の学校公演で上演されています。
実際、私も中学生対象の学校公演を見せていただき、
生徒達がぐっと引き込まれていたのが印象的でした。
私も観終わって、どんな状況であっても希望を持って前向きに生きることの大切さを感じました。
3年ぶりに本公演の演目として上演。
31日は視覚障害者の方をご招待しての公演。

私にとって、また一つ大きな成長につながる作品になりそうです。
この秋、皆様に心温まるプレゼントができますように…


「赤いハートと蒼い月」の前回までの公演などを特集したページがご覧いただけます
劇団往来ホームページ
プロフィール

吉岡 澄(よしおか きよみ)

Author:吉岡 澄(よしおか きよみ)
本名:森島澄(もりしまきよみ)

6月10日生


2012年2月デュオ『しばいぬ』結成。
メンバー:吉岡澄・西村牧子
しばいぬブログ
  http://ameblo.jp/shibainu-2012
2012年6月23日のライブで初オリジナルソング「幸せの種」を発表

作詞:吉岡澄 西村牧子 
作曲:高木雅弘 吉岡澄

子供も大人も口ずさめるような曲を…。ご視聴くだされば幸いです

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
お問い合わせ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。